日本茶輸出促進協議会の事業

 日本茶の輸出は、近年、増加傾向にあります。しかし、世界の茶類・嗜好飲料の消費形態が大幅に変化したことに加え、日本の輸出用茶の生産・輸出体制が整備できていないこともあって、さらなる輸出拡大を進めるためには多くの課題があります。

 一方、国内も同様に、茶の消費量が減少し、それとともに生産量も減少傾向にあります。
 こうした現状を踏まえ、日本茶輸出促進協議会では、日本茶の輸出と消費拡大を目指し、以下の事業を検討・実施していきます。

1.生産対策

輸出日本茶生産体系確立事業
(1)輸出用茶生産態勢の確立 
 輸出用茶の生産体制の整備を図るため、栽培・加工技術の確立を図ります。

(2)輸出先国残留農薬基準に対応した生産確立
 輸出先国食品衛生関係の規則に対応した生産体系の確立を図ります。

2.輸出環境整備

(1)相手国農薬残留基準への対応 
(2)国際基準・規格対応 
(3)高級茶(抹茶)への科学的根拠付与 
(4)日本茶知識の海外普及促進 
 輸出相手国の食品衛生規制や農薬残留基準、国際基準・規格に対応した生産体制の確立のほか、ISO、FAOIGGonTea、ITC等各種会議への参画による日本茶の国際的な位置づけを高める活動を積極的に行っていきます。

3.マーケティング・ソフト全般

(1)各国での教育事業、セミナー等の取組み
(2)輸出関係者対策
(3)海外での日本茶教育システムの検討
 日本茶の安全性や健康イメージ、カテキンなど機能性成分による効能のPR、パンフレットの作成配布、日本食との組み合わせなど、日本文化と絡めた日本茶紹介情報の構築によるマーケティングの推進を図ります。

↑ ページの上部へ