表示基準設立の概要

すべての食品はJAS法に基づき、表示が義務付けられています。
茶などの加工食品は、「加工食品品質表示基準」に基づいて、表示が義務付けられています。
社団法人日本茶業中央会では、茶についての適切な表示を推進するため、自主的に「緑茶の表示基準」について制定しております。

緑茶の表示基準

緑茶の表示基準 緑茶の表示基準は、茶を取り扱う者が、それを供給、販売するにあたり、責任の所在を明確にし、適正な商品情報を容器包装上に示すことにより、商品の信頼確保、品質の保証を促すことで消費者を保護し、茶の普及・発展を期するものです。

最新版のデータをPDFで配布しております。
こちらからダウンロードしてお使いください。

注意

「緑茶の表示基準」をご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手できます。
下のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへジャンプします。
ダウンロードの際に、インストール方法もご確認ください。
Adobe Acrobat Reader